転職理由がやりがいの場合

今の仕事にやりがいを感じられない、現状を変えたいというような理由で転職を希望する人がいます。今の仕事に魅力を感じられなくて次の仕事を探しているというのは、面接官にとって印象がいいのか、悪いのかということです。

女性の事務職などで、電話対応、接客対応、書類入力と取り立てて専門的なスキルなどが全く必要のない仕事ばかりで自分が会社にいる意味が良く分からない、自分である意味がないので転職したいと考えている人は多いのです。つまらない職場で時間を浪費するのは勿体ないと考えて転職するというのは非常に恵まれた環境であるといえます。自分にとって仕事とは何なのか?やりがいとは何なのかをもう一度良く考えてみましょう。

やりがいのある仕事を求めて転職をするというのは非常に前向きな考え方です。ですが、転職先はその前向きな考え方を良しとしても、それまでのスキルや経験があまり有意義なものではないのかもしれないと考えます。あくまで、企業は中途採用者には即戦力になるスキルと経験を求めているのです。ですから、今までの仕事では全くやりがいのないつまらない仕事でした、誰にでも出来る仕事ですということを全面に出した志望動機というものはあまり興味を持たないと考えておいた方がいいでしょう。スキルもいらない、大した経験もしていない中途採用者なら新卒者を採用する方が企業にとってはプラスです。

間違ってはいけないのは、会社はやりがいのある仕事を黙っていても与えてくれるところではないということです。自分から何もアクションを起こさない、アピールもしないような人は相手にはしません。やりがいのない仕事を甘んじて受け入れ続けてきたのは自分自身なのです。そのあたりを充分理解していないと転職できたとしても次の企業でも同様のことが起こりかねません。キャリアアップ、スキルアップ、やりがいがある仕事というのは自分が掴み取っていくものなのです。

しかし、企業ごとの体質というものもありますので、アピールしてもなかなか重要な仕事を任されないというジレンマを持っている人は多いはずです。そういった場合も出来るだけ前職でのやりがいのなさをアピールしたり、前職場での不満をぶつけるような対応はよろしくありません。やりがいのなさをアピールするのではなく、自分に出来ること、自分が役に立てること、応募企業に対する興味をアピールする志望動機を全面に押し出した面接にしたいものです。

転職時にお悩みならココ!

対応エリア 料金 会社名
全国 無料 株式会社リクルートキャリア
詳細・登録はこちら